教員ブログ

教員ブログ

 今日は高1英語会話の授業で一人ずつのプレゼンテーションがありました。
 時間の都合で前半しか参観できなかったことが心残りでしたが、見た限りでは堂々と正面を向いて発表している生徒もいれば、やや恥ずかしがり気味で、これからまだまだ発表力を磨く必要がある生徒もいました。英語で話していることも関係していたかもしれません。(佐藤均)

英語会話プレゼン発表会

 今日は高1がコースごとに1年間のまとめの発表会を行いました。
 新コース1期生として、自分たちで道を切り拓いてきたこの1年です。
 それぞれの志を宣言した4月の自己発見合宿から、1学期の成果を発表した7月の説明会、10月の新渡戸祭での中間まとめ、11月の探究学習を経て、ようやくここまでたどりつきました。
 発表の中ではこの1年での自分たちの変化、2年目の課題や目標、4月に後輩として入学してくる2期生とのかかわり方なども語られ、充実した発表だと評価できる内容でした。(佐藤均)

高1コース発表会

 都内の私立高校は本日10日から一般入試がスタートしています。
 本校は本日は単願の「志入試」の日でした(この入試について、詳しくは2月3日のブログに載せています)。
 明日はいよいよ筆答と面接による入試の日です。筆答では全力を出せるように、コンディションを整えて臨んでください。本校は面接も重視します。コツを知りたければ、ぜひ推薦入試のときのブログも読んでくださればと思います。(佐藤均)

一般入試始まる

 今日は内部の小中9年生(中学3年生です)が、高1の授業を見学しました。内部進学出願時にコースを選択していますので、それぞれの希望コースの授業を中心に見学しました。
 授業中のため、ちょっと写真は撮りにくかったので、文字だけで申し訳ありませんが、9年生には来年度の自分の姿をイメージするのに、大きな刺激となったようです。
 「物理基礎」のような座学の授業でも、「やはり高校の授業内容はちょっと違う」と感じていたようです。そこから今の日々の振り返りにつながればよいのでしょう。
 これは「新渡戸学」という本校独自の名称の授業の一環で実施したものです。小中学校では「道徳」に相当する科目ですが、高校では「総合的な学習の時間」にあたり、キャリアデザイン教育を中心に内容を構成したものになります。(佐藤均)

 志入試までいよいよあと1週間となりました。
 志入試は1時間目で「私の志」という作文を書き、2時間目は何か見せる材料を用意して、複数の面接官の前でプレデンテーションするという、いわゆる「プレゼン型入試」です。
 この入試は「単願」です。「新渡戸文化で成長し、人間社会で役立つ人財になっていきたい」という自分の志を初対面の相手に響くように訴えるのですから、相当の期間と準備が必要な入試です。
 自分で予約をとり、放課後や土曜日の午後に来校し、作文の内容、プレゼンの仕方などを相談しながら作り上げていく入試なのです。
 今日もプレゼンの練習に志願者が来校します。いよいよリハーサルをする状態まできました。あとは本番で思い切り自分らしさを出してほしいと思っています。(佐藤均)

  • 教育について

    教育について

    • 可能性を広げる6コース
    • Teaching & Coaching
    • 人格教育
    • 教育理念
    • 理数教育
    • 国際教育
    • 各科目概要
  • 学校生活

    学校生活

    • 年間スケジュール
    • アフタースクール
    • 給食
    • 制服
  • 受験生の方へ

    受験生の方へ

    • 学校見学ガイド
    • 募集要項
    • FAQ
    • 転/編入 帰国生試験要項
    • お問い合わせ
  • キャリアサポート
  • 進学実績
  • お問い合わせ