新渡戸文化高等学校

close

教員ブログ

  • HOME  > 
  • 教員ブログ
教員ブログ

夏休みももうすぐ終わります。長期休暇が終わるときはなんだかさみしいような気持ちがしますが、いよいよ2学期がスタートします。2学期は何と言っても、行事が盛りだくさんです。次から次へと行事がやってきますが、忙しいほど達成感や充実感が大きくなります。2学期はどのような学校生活が待っているのでしょうか。楽しみですね!

生物 木村

生徒による自主自律の給食配膳。日本では, 当番制で給食当番を設置して全員分の給食を分配する。配膳量のルールや分ける際の量りなどがなくとも目分量で全員に行き渡るように分配していく。この事実自体がエジプト人からすると驚きなのだ。教員が目を光らせずとも誰もが登板を担当し, 誰もが同じように配膳できる。これはエジプト人だけでなくドイツ人も驚いていた。
教育改革としては, 給食の分配を通して, クラス意識や周りを見渡した上での平等意識の向上を狙うようだが, だからと言って全員が一斉に動き出しては混乱を呼ぶだけである。まずは一列に並ぶことから教えていくことにりそうだ。
みっつ目の改革, 「列に並ぶ」については, また次回のブログで。

RYU WATSUJI

7月13日のブログの続きです。
エジプトの教育改革の3本柱のひとつ, 時間に関する改革。
なんと, この度改革重点校の各教室に初めて時計が置かれることになりました!!
教室に時計を置いて各々が時間への意識を高める!それが教育改革なのです。
我々にとっては驚きと謎に満ちた改革ですね。
ふたつ目の改革「給食 (食べ物)を平等に配膳する」については, また次回のブログで...

RYU WATSUJI

おいしい料理

こんにちは。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。
ここのところ涼しいなと思っていたら、また暑い日が続くようになりましたね。
熱中症にお気を付けください。

さて、私は、
さきおととい、渋谷にあるスーツァンレストラン陳のランチに行ってきました。
海鮮の前菜に始まり、趣向を凝らした料理が続々と運ばれ、
最後には陳健一さんの麻婆豆腐をいただきました。
辛さの中にうま味もあり、あとから花椒の爽やかな麻味が鼻に抜け、食欲をそそられました。

おいしいものを食べると、素敵な気持ちで一日を過ごせますね。

家庭科・井上

おいしい料理

おいしい料理

昨日、新渡戸文化に来る前に教えていた高校のときの仲良し教員6名で集まりました。なかには4日前に会った人もいましたが、ほとんどがほぼ30年ぶりの再会です。
一世代前というと、日本では感覚的にせいぜい10年前くらいでしょうか。でも英語で一世代(one generation)は、なんと30年間を意味します(日本と欧米では時間の進み方と社会の変化のスピードが違うのかもしれません)。子どもが大人になり、その子どもと同じ年代の子どもを持つようになる時間が30年ということです。そう考えると、30年はおそろしく長い時間に感じます。
ところで30年ぶりの再会は、お互い近況報告から始まりましたが、話題の8割は30年前の思い出話でした。若かりし頃のことが次から次によみがえってきてとても楽しい時間でした。

英語科 田中

[1] << Back 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  Next >> [26]