新渡戸文化高等学校

close

教員ブログ

教員ブログ

本校では、高いレベルの芸術に触れ、豊かな感性を養う機会として芸術鑑賞教室を行っています。オペラ、歌舞伎、演劇、オーケストラ、バレエなど、年ごとにジャンルは変わりますが、いずれも本物の芸術に触れる良い機会で、みんなも楽しみにしている行事です。

今年度はミュージカル「モーツァルト!」。あの「エリザベート」を生み出したミヒャエル・クンツェとシルヴェスター・リーヴァイによる大人気の作品で、ブロードウェイやウェストエンドのミュージカルとはまた違った雰囲気を持つ、ウィーン・ミュージカルの代表作のひとつです。(ちなみに以前エリザベートを演じた瀬名じゅんさんは本校の卒業生です。)

美しい音楽を次から次へと生み出し名声を得ながらも、苦悩に満ちた彼の短い人生がドラマチックな楽曲で表現されます。豪華な衣装や舞台装置にも圧倒されることでしょう。

「役者が突然歌いだしたり踊りだしたりするのはどうも...」とミュージカルに苦手意識を持つ人もいるようですが、高まった気持ちが歌やダンスになって表現されるのですから、ごく自然なことに思われます。また、見るたびに違う魅力を発見するのが生の舞台の醍醐味であり、感情が揺さぶられるポイントがその都度変わるのも楽しみのひとつです。

見る人に感動を与える素晴らしい作品に出会うと、それに関わる全ての人たちの地道な努力の積み重ねと強い情熱によって支えられていることが再認識できます。生徒たちには作品を楽しむだけでなく、色々な気づきを得てきてほしいと思います。鑑賞後に感想を聞くのが楽しみですが、やはり自分でもまた劇場に行きたくなってきました!(MS)